セクキャバ・おっパブ嬢がアフターに応じてくれないときの【4つの理由】

セクキャバ嬢をアフターに誘う男性の中に「何度アフターに誘っても断られる」人はいます。ネットの体験談を見るとセクキャバ嬢をアフターに誘い出せてる男性もいるのに…とガッカリすることもしかり。 きっと何か理由があるはずです。アフターに誘ってもいつも断られる男性の特徴や行動について紹介します。

アフターを断られる理由1:指名してない

指名をせずにフリーでついてくれたセクキャバ嬢にアフターを申し込んでも、OKしてくれる可能性はほぼゼロに等しいといえます。特にセクキャバ嬢に「指名されてないので」と断られたときに「アフターしてくれたら次は指名するよ」と駆け引きをするのは最悪のパターンです。
セクキャバ嬢を誘いたいのなら、まずは指名して仲を深めることからはじめましょう。

アフターを断られる理由2:駆け引きが下手

「アフターしてくれるならドリンク入れるよ」といった駆け引きをすると、セクキャバ嬢に「面倒なお客様」認定されがちなのでしないように意識しましょう。
一見するとセクキャバ嬢にとってはお得な誘い文句に思えるかもしれませんが、こういった誘われ方をされてもセクキャバ嬢は喜びません。下手な駆け引きをしても成功率は低いので、まだストレートに誘ったほうがいいです。

アフターを断られる理由3:先約がある

セクキャバ嬢をアフターに誘おうと閉店間際を狙ってお店に行く男性もいます。しかし、セクキャバ嬢に既に他の予定があればアフターに誘っても断られてしまうのは当然。アフターを断られた場合には、先に来店していたお客様からのアフターの誘いをOKした可能性も考えられます。

だったらアフター狙いで閉店前の時間を狙うのではなく、早めにお店に行けばアフターに応じてもらえる可能性も高くなります。ただし、学生やダブルワークのセクキャバ嬢は翌日の予定がありアフターができないこともあるので、必ずしも応じてもらえるとは限りません。

アフターを断られる理由4:「苦手」と思われている

アフターをやんわり断られ続けているのは、単純に「苦手であまり一緒にいたくないお客様」と思われているからなのかもしれません。
不衛生だったりしつこかったりするお客様はセクキャバ嬢にあまり好まれないものです。清潔感を意識し、紳士的な振る舞いを心がけるだけでも、セクキャバ嬢からの評価はグンとアップします。
または「アフター自体が苦手」という女の子であれば、そもそもアフターを受けていないこともあります。そういう断り方をされたら素直に諦めまてお店での関係で深めていきましょう。

店舗によってはお店で同伴やアフターを禁止しているところもあるので、こっそり誘うのもナシですよ!

セクキャバ嬢にとってアフターは営業時間外なので「一緒にいて楽しい」「一緒にいると得する」と思わせることができれば、アフターに誘えばOKされやすいです。アフターを断られ続けているという方は、まずは自分の誘い方が的確かどうかを振り返り、セクキャバ嬢に喜ばれるような誘い方をじっくりと考えてみましょう。

ではそこを踏まえてお店に行きましょう!
ぱふなび」ならエリア別からセクキャバ・おっパブ・いちゃキャバを探せます。
眺めるだけでも楽しいので是非チェックしてみてください!

The following two tabs change content below.
アルフ

アルフ

仕事をそつなくこなすクール系と見せかけて、風俗記事(特にセクキャバ)のライティング時は仕事にかける情熱がハンパなくなるおっぱいファイター。最近はハリネズミに癒されています。と外では言うようにしています。