セクキャバで想定外のトラブルを回避するために注意したい3か条

セクキャバでトラブルにあったことはありませんか?セクキャバではオプションによって値段が違いますし、お店でもNG行為やサービス内容に違いがあります。ボッタクリなどに合わないためにも注意したい3か条を身に付けましょう。

セクキャバでのトラブルとは…?

セクキャバとは「セクシーキャバクラ」の略でキャバクラのように接客してもらいながらボディータッチも楽しめる、おっぱぶとも呼ばれる店舗です。お酒も飲めてお触りもOKという事もあり、日ごろの疲れやストレスを気軽に発散でき、なおかつ楽しめるお店として人気があります。しかし、なかにはトラブルに巻き込まれてしまうようなお店もあるのが実情です。きちんとしたお店選びをして、トラブルに巻き込まれないよう注意しましょう。

料金システムは要確認

セクキャバでのトラブルで多いのが料金でのトラブルです。料金システムは各店舗で違います。入店する前に指名料やチャージがいくらになるのかきちんと確認しておく必要があります。また、セクキャバは他の風俗店とは違い、キャバクラのようにお酒を飲むことができます。このお酒の料金も忘れずにチェックする必要があります。セット料金や指名料、チャージ料などは一般的でもドリンク代で高額請求をしてくる店舗がありますので、気を付けたいところです。しかし、セクキャバに足が向くときというのは、少しお酒の入った状態が多いため、注意力も散漫になってしまい、普段であれば見落とさないような注意書きも見落としがちになってしまいます。多少酔っていても、注意を怠らないようにしましょう。また最近では優良店の場合はきちんとしたホームページを持っており、そこでしっかりと料金システムの解説があるのがほとんどです。事前にチェックするようにしてください。

キャッチについていかない

酔っぱらって繁華街を歩いていると、セクキャバなどのキャッチのお兄さんに格好の餌食にされてしまう恐れがあります。現在キャッチは法律で禁止されています。なのでキャッチをしている段階で、違法な店舗である可能性が極めて高いのです。そのような店はトラブルを生みやすく、また良質なサービスも期待できません。案内所で紹介してもらうか、自分の手でサイトなどを調べて、店舗を決めることをおすすめします。キャッチは言葉巧みに、「オプションを無料でつけてあげる」「指名料を無料にしてあげる」などと誘ってきます。そして店舗に行ってみると、そんなことは言っていない、そのオプションは無料だがチャージで法外な値段を請求してくる、いわゆるボッタクリをしてくる可能性があります。
そのようなトラブルに巻き込まれないためにも、くれぐれもキャッチには捕まらないようにしましょう。特に酔っている時などは危険ですので、まずキャッチに近寄らないように注意するよう心がけましょう。

エチケットやマナーは守る

セクキャバはお触り自由だからといってなんでもOKなわけではありません。上半身はOKでも下半身のお触りはNGです。また女性が男性に触る際も、上半身はOKで下半身はNGです。その他にもキスがNGであったり、脱ぐことがNGであったり、お店によっても違いがあります。ルールを守らなければ、女性の気分をそこねてしまうだけでなく、お店にいられなくなってしまいます。楽しい時間もおわりです。それどころか出禁をくらって、二度とお店に入ることができなくなってしまう可能性もあります。きちんとルールを守って遊びましょう。ルールを守ることは自分を守るだけでなく、女性から受けるサービスの向上にもつながります。相手も人間なので、いくらお客様とはいえ好き嫌いはあります。ルールやエチケットを守らないお客を好きになる女性はいません。楽しく遊ぶためにもエチケットやルールを守るようにしましょう。

お互いの意識が大切!気持ちよく夜遊びを楽しもう!

セクキャバでトラブルを回避するための3か条でしたが、これは何もセクキャバに限ったことではありません。キャバクラや風俗など、大人の夜の街を楽しむためには必要な3か条です。夜の街は楽しいことがあふれている分、トラブルなどの危険も多くあります。自分の身は自分で守ると共に、エチケットやルールを守って、自分もお店の女性も、お互いが楽しめるように心がけましょう。それが大人の夜の楽しみ方です。

The following two tabs change content below.
ぱふナビ編集部

ぱふナビ編集部

ぱふぱふナビ編集部:セクキャバ、おっパブ、2ショットキャバ、いちゃキャバ、ランパブetc…おっぱいとお酒をたしなむお店の情報を随時公開中!