おっパブ・いちゃキャバ・2ショット…セクキャバと何が違うの?

みんな何て呼ぶ?セクシーキャバクラの別名

セクシーキャバクラ、いわゆるセクキャバにはいろいろな別名があります。北海道のすすきのでは「キャバクラ」がセクキャバを指し、いわゆるキャバクラは「クラブ」と呼ばれたり…大阪では「ツーショットキャバ(2ショット)」と呼ばれたり…そもそもほとんどの男性がセクキャバのことを「おっパブ」と呼んでいたり。
「おっパブと呼ぶのが普通、セクキャバと呼ぶのは業界の人」という声もあります。

この他に「いちゃキャバ」なんてのも出てきたりして、もうどれが何だかわからない…。それぞれの境界線が曖昧になりがちですが、一般的なサービスに若干の違いがあります。どのような違いがあるのかチェックしてみましょう!

いろんな呼び方とそれぞれのサービス

セクキャバ・2ショット

まずこの2つの呼び方についてですが、業種的には基本的に同じ意味です。2ショットと呼ぶのは関西方面で、その理由は2009年に大阪の風俗案内所でセクキャバの紹介が禁止になったためです。「セクキャバ」のままだと風俗案内所で紹介してもらえないため、ほとんどの店舗が「2ショットキャバクラ」と称して営業するようになりました。呼び名が変わっただけでサービスの内容は同じです。

セクキャバとキャバクラの違い

これはズバリ密着度の違いです!キャバクラは基本的におさわり禁止で、女の子と楽しくお酒を飲むのが目的のお店です。エッチなハプニングもないので、接待で使われることもありますね。豪華な店内やきれいなドレス姿の女の子達…そのすべてにお金がかかっているわけで、当然お値段も張ります。席料やお酒の値段がお高いです。

それに比べてセクキャバは、お酒は二の次!飲み放題のお店もあります!目的はいちゃいちゃすることなので、女の子と密着しておっぱいタッチOK!サービスタイムやハッスルタイムがある店では、時間になると膝の上にまたがってセクシーなハプニングもあります。刺激的でお色気むんむんなのでさすがに接待では使えない。でも友達や同僚とノリで行けるし、値段も時間制で前払いのとこもあるのでキャバクラよりは安心です。
ただしヘルスやピンサロのような風俗ではないので、お店のルールを守って遊ぶこと。抜きはないです。

いちゃキャバとおっぱいパブの違い

まず「おっパブ=セクキャバ」なので、呼び方が違うだけだと思ってください。しかし「いちゃキャバ」はサービスの中身も違います!イチャイチャしながらお酒が飲めて、上半身にお触りできるのはセクキャバと同じですが、お触りできるのは服の上からのみOKというところがほとんどです。それ以上のサービスは女の子次第・お店次第ですから、事前にしっかり確認しておきましょう。

サービスがソフトなぶん、コスプレやミニスカなど衣装にこだわったいちゃキャバも多いです。王様ゲームなど「みんなでワイワイ」楽しめるようなお店もあるので、誰かと一緒に合コン気分で楽しみたい時などに向いているのではないでしょうか。キャバクラだとちょっと敷居が高いし触れない、でもおっパブへ行くほどエロに飢えてない…ガールズバーだと触れない…そんなときに、いちゃキャバの出番なのかもしれません( ˘ω˘ )

ランジェリーパブ(ランパブ)

ランパブはその名の通り、下着姿で女の子が接客してくれるお店です。ただし基本はお触り禁止…。普通のキャバクラのようにお酒を飲むだけの店もあれば、軽くならお触りOKの店もあるようです。ランジェリー姿の可愛い女の子やギャル達とワイワイ楽しく飲んだり遊んだり、盛り上がるならランパブがおすすめ。しっとり飲む系のお店もあるかもしれませんが、最近のランパブはワイワイ系が多い気がします。

抜ける風俗じゃないから面白い

たしかにセクキャバ・いちゃキャバは抜きなしです。悶々として終わってしまう中途半端な店と思われるかもしれません。でも抜けるピンサロやヘルスよりムラムラ楽しいこともあるんです。女の子と心ゆくまでイチャイチャし「上に乗っていい?」と聞いてこられるドキドキ感!ズボンを脱いで一線を越えることもないから、仲間と行くこともできる!デリヘルやピンサロよりは彼女・嫁への後ろめたさも少ない…かも。

気軽に楽しめてストレスを発散できるのがセクキャバの良いところです。「ぱふナビ」でぜひ好みのお店や女の子を見つけて、割引きチケットを活用して遊びにいってくださいね!

The following two tabs change content below.
Pascha-Egg

Pascha-Egg

東京と大阪を行ったり来たり。出張多めの風俗ライター。バイクが趣味でしたが最近はめっきり電車移動で睡眠時間確保!肉汁たっぷりの食べ応えあるハンバーガーにハマり中です。