セクキャバ遊びの流れを紹介!システムさえ知っておけば怖くない【おっパブ攻略完全版】

セクキャバ遊びの流れを紹介!システムさえ知っておけば怖くない【おっパブ攻略完全版】

キャバクラ以上風俗未満、みんな大好きおっパブ(セクキャバ)で遊ぶときの流れをご紹介いたします。初めてでも知っていれば入りやすい!どんどん遊んで楽しいおっぱいタイムをお過ごしください。

セクキャバ(おっパブ)とは

サービス内容について

まずは基本のキからおさらいします。『セクキャバ』とは『セクシーキャバクラ』の略で、昔から『おっぱいパブ(おっパブ)』の名称で親しまれている業種です。つまりセクキャバもおっパブも意味は同じです。

サービス内容はキャバクラ以上風俗未満。簡単に言うと「おっぱいに触れるキャバクラ」みたいなものです。店内のフロアで女の子が席についてくれて、一緒にお酒と会話を楽しんだり、おっぱいをモミモミできるお店です。ただし風俗と違い、抜き(射精)のサービスはありません。お互いにパンツを脱ぐことはないのです。

そのためキャバクラ嬢にムラムラしている男性だけでなく、ハードなプレイに抵抗がある風俗初心者にもおすすめな業種となっています。

基本はマンツーマン接客なので、おひとり様で行っても全然問題ありません。団体OKのお店ではちょっとエッチな王様ゲームなどを楽しめるところもあるので、飲み会の二次会や会社帰りに同僚と…など複数人で行くこともできます。

気になるお触りの範囲について。キャバクラはキスやお触り厳禁ですが、セクキャバならキスもOK!さらに上半身にボディタッチできます。下半身はお店によりルールが異なり、「足とお尻はOKだけどおまたはNG」「服の上からならちょっと触ってもいい」「下半身は絶対NG」など色々あります。

セクキャバの色々な呼び方
セクシーキャバクラ(セクキャバ)
おっぱいパブ(おっパブ)
おさわりパブ、おさわりキャバ
セクシーパブ(セクパブ)
ハッスルパブ
ツーショットキャバクラ(2キャバ・2ショット)…関西地区
キャバクラ…北海道すすきの地区。いわゆるキャバクラのことは「ニュークラブ(ニュークラ)/ラウンジ」、セクキャバを「キャバクラ」と呼ぶ。

キャバクラや風俗との違い

キャバクラ…女性が客席に付き接待を行う飲食店。ネット上で行う『ネットキャバクラ』という種類もある。料金は時間制で、常時接待を行う風俗営業(接待飲食店)である。(Wikipediaより)

セクシーパブ…女性接客係が男性客の座るソファーの横で接待し、飲食および体に触らせるサービス(以下、セクシーサービスという)を提供している飲食店。略してセクパブ。同義語として、セクシーキャバクラ(セクキャバ)、お触りキャバクラ、お触りパブ、おっぱいパブ(おっパブ)、ハッスルパブ、類似店舗としてランジェリーパブ(衣装はランジェリーでキャバクラ同様にお触りは無し)等がある。(Wikipediaより)

キャバクラとセクキャバにはこのような違いがあります。要は「女の子とお酒やおしゃべりを楽しむお店」が“キャバクラ”。それに対し「お女の子とお酒やおしゃべりとおっぱいを楽しめるお店」が“セクキャバ”です。

ちなみに完全に服の上からしか触っちゃダメなお店は『いちゃキャバ』といい、セクキャバと一線を引いていることもあります。服を着たままいちゃいちゃして、甘酸っぱい恋人気分を楽しむお店です。

各地のセクキャバを見る

これってセクキャバ?似ている業種

いちゃキャバ…基本的に女の子が横についてくれていちゃいちゃ出来ますが服は脱いでくれません!生乳を触れないという大きな違いがあります。いちゃキャバはセーラー服などの衣装を来て接客するお店が多く、他の業種に比べれば比較的若い子は多い方かなという印象です。

ランジェリーパブ…通称ランパブ。これは女の子が下着姿で接客してくれるお店です。しかし!このお店も基本的に下着を脱ぐのは禁止です。脱いだ瞬間からセクキャバに変わります。水着キャバも同様です。接客してくれているのは露出し過ぎているキャバ嬢だと思えばいいでしょう。つまり閲覧用です。

ショーパブ…これは女の子たちのショーを楽しめるお店。露出の多い衣装をまとっていますが触ってはいけません!踊り子へのお触りは禁止です!つまり閲覧用です。

ピンサロ…セクキャバと同じように店舗型で女の子と一対一になり、おさわりが楽しめるお店ですが、フェラチオを中心としたエロサービスもしっかりあるのでこちらは風俗店です。

各業種の基本ルール(どこまで触れるか)

業種キスおっぱいタッチ下半身タッチフェラ素股など
キャバクラ
ランパブ
ショーパブ
×××××
セクキャバ
いきゃキャバ
××
ピンサロ×
ヘルス・ソープ

表にするとわかりやすいですが、風俗店とは微妙に違うのでフェラや手コキ、素股や指入れのようなヘルスサービス・射精に繋がるサービスはセクキャバでは一切ありません。女の子は全裸になりません。

風俗のように性器同士の接触は一切ないので、性病感染の心配がないという大いなるメリットがあるのです。

なんで抜けないの?

実はクキャバは法律上は『飲食店』です。『風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(風営法・風適法)』の第2条4項ではこういった業種のことを『接待飲食等営業(酒類を提供しつつ異性による接客サービスを提供する店)』という認識をしています。

女性従業員が隣に座って接待行為をすることが可能なお店。つまりスナックや高級クラブ、キャバクラなどでもこれは取得しています。

しかし『性風俗』の営業許可ではないので、性器を露出したり射精行為などは認められていません。抜けないのにはこうした事情があるのです。

店内の様子(内装/座席/VIPルーム)

 

※↑内装一例(お店:横浜フラミンゴ

店内はキャバクラのように団体で行っても座れるような開放的座席になっているか、おひとり様専用のボックス席のようになっているかなど店によって異なります。

ド派手な内装で異世界空間を味わえるようなお店もあれば、しっぽり和風だったり、シンプルなキャバクラ風だったりとお店によって様々な意匠があるので、違いを楽しむのも良いですね。

↓開放的シートの例(お店:神田はっち8
※実際はもっと照明が暗めです。

↓ボックス席の例(お店:神田エマニエル
※実際はもっと照明が暗めです。二人掛けソファは全部同じ方向を向いているので、他の客の目線も気になりません。

↓和風お座敷系の例(お店:スーパー越後屋
お座敷系は畳の上でゴローンできるので、まったりいちゃいちゃしたい人に人気があります。

また、VIPルーム(VIPシート)といってちょっと特別な魔法の部屋もあります。

↑VIPルームの例(お店:ジャック・ローズ

VIPルームについて詳しくは別記事で解説。
セクキャバのVIPルームって何?入るとイイ事が出来るの?【おっパブ解説】

セクキャバのVIPルームって何?入るとイイ事が出来るの?【おっパブ解説】

ちなみに『いちゃキャバ』はサービスがセクキャバよりソフトなぶん、団体(グループ)で行っても楽しめるように開放的なフロアになっていることが多いようです。

↑いちゃキャバフロアの例(お店:ハイスクールbanana(バナナ)

団体でもお一人様でもOK!

「抜けないのに何が楽しいの?」
「ムラムラするのに抜けないなんて…」

と思うかもしれませんね。その通り!ムラムラするだけしたらその足でピンサロやヘルスに抜きに行く人も結構います。

でもキャバクラよりは安く飲めるし、おっぱいも触れるので、気軽に遊びに行くには最適!風俗と違い病気のリスクが低いのも大きなメリットです。「あとから思い出してオカズにする」という楽しみ方もできます。

女の子がリードしてくれるので、初心者や人見知りでも大丈夫!むしろ「今日初めて来ました」みたいなウブな人見知りマンは人気の傾向も?紳士的に遊ぶ(女の子に無茶なことをしない)から優しくしてもらえるのでしょう。

もちろん団体でも行けるので、友達とノリで行ってみたり、同僚と飲み会の二次会で行ってみたりできます。その場合はお店を出た後に合流して「どうだった?」とファミレス等で三次会が始まるのが定番パターンです。

各地のセクキャバを見る

ちなみに抜きがないから童貞でも勃たなくても全然問題ないです。キャバクラと違っておっぱいメインだから、おしゃべりが苦手でも大丈夫。

セクキャバに行く理由
おっぱい星人だから(いろんなおっぱいを知りたい)
キス魔だから(いろんな人とキスがしたい)
風俗の入門編として(最初からヘルスやソープは怖いから)
気持ちよさそうな女の子を見るのが好き(変態紳士)
キャバ嬢こわい(営業されるのがめんどいなど)
風俗行く前の前戯

余談ですがセクキャバは初心者ほど誰かと一緒に行った方がいいともされており、その理由は勇気が出るうんぬんの他に「延長交渉をされた時に逃げ道を作りやすい」というものがあります。

セクキャバ(おっパブ)では1セットが終わると、延長をするかお店を出るか、という選択をすることになります。もう帰りたいけどキャストから延長要請が…そんな時に友人の出番です。

「このあと友達と待ち合わせて3次会するから延長できないんだよ~」と入店前に口裏を合わせておくとスムーズにお会計ができます。

一緒に行くことができなかった場合は架空の友人を作り上げて「この後居酒屋で合流するんだよ~」と逃げましょう。

逆に、めちゃくちゃ好みの嬢と出会い延長しまくりたいけど、友達と待ち合わせしたから帰らねばならない…という事態が起きることもあります。メリットデメリットがありますね。

同伴・アフター・色恋営業は?

キャバクラに近いから同伴アフターがあるのか気になるところですが、こればかりはお店と女の子によります。風俗ではないとはいえ、ちょっとエッチなサービスがあるのは事実。女の子は誰にも内緒で働いていたりするので、時間外営業(連絡先交換やLINEなど)や外で誰かに見られるのを嫌います。

そのため店の外に出ることになる同伴・アフターは絶対にしない女の子の方が多いです。ただし、お店の方針で同伴可能なところもあるのでそれは確認しましょう。(アフターは女の子次第)

連絡先交換を嫌うので色恋営業は無し。ですが、お店にいる間だけは恋人気分で楽しませてくれる女の子も当然います。キャバ嬢のように必死に営業メールをしてこない分、つかの間の夢を楽しみやすいとも言えますね。

セクキャバのシステム

時間制で女の子が複数つく

セクキャバは時間制になっていて、多いのは1セット40分。この40分の間に女の子が2~3人入れ替わってマンツーマンで接客してくれます。そうなると1人10分ちょい程度なので、せかせかしてるように感じるかもしれませんが、おしゃべりが苦手な人にはちょうど良い時間数かもしれません。これを『花びら回転』と呼ぶこともあります。

また、こうした入れ替わりは特になく、最初から大人数でワイワイするお店もありシステムは様々です。

『ダウンタイム』とは

セクキャバにはウンタイム』(DT)という、お客様が女の子に触ってOKな時間を設けているお店があります。簡単に言うとキスしたりおっぱいに触れる時間のことです。女の子が膝の上に乗ってきてハッスルしてくれます(させてくれます)。

例えば20分に1回ダウンタイムが来て照明が暗くなり、BGMが大きくなり、そのすきにいちゃいちゃOK!それまでの隙間時間はまったりお話ししたりお酒を飲んだりする時間…。というお店もあれば『オールダウン』といって「いつ触ってもいいよ!」という感じのお店もあります。

このあたりの仕組みはお店それぞれで、ダウンタイムと呼ばないところもあるので、あらかじめ下調べしておいた方が良いでしょう(例:ハッスルタイム/ショータイム)お店の人も教えてくれます。
※新人の女の子などは、意外とこの仕組みを理解していないこともあるようです。お店の人に確認した方が間違いありません。

↑こんな感じで照明が暗くなり、BGMも音量上げてドッカンドッカン盛り上がるのが『ダウンタイム』や『ショータイム』✨ダウンタイムについては別記事で詳しく解説しています。

セクキャバの「ハッスルタイム(ダウンタイム)」って何?【おっパブ豆知識】

セクキャバの「ハッスルタイム(ダウンタイム)」って何?【おっパブ豆知識】

営業時間・価格帯・各種料金

営業時間とおすすめの時間帯

セクキャバの営業時間は法律で制限されており、深夜24時までが基本です。それ以降の深夜帯は営業時間外なので「朝まで飲んじゃうコース!」は通用しません。終電を逃さないように遊んで帰りましょう。

初めてセクキャバに行く場合、おすすめの時間帯は開店直後!この時間帯は一番料金が安いですし、人気の女の子もまだ指名が入ってなくてフリーでもついてくれやすいからです。

逆に21時~23時はかき入れ時なので、フリーの場合は女の子もそれなりの可能性が…。人気のランカー嬢(ランキング入りしているセクキャバ嬢)と遭遇する確率は限りなく低いです。しかも料金も一番高い価格帯。通い慣れたお店ならいいんですけどね。

その代わり、女の子の出勤数が揃っている時間帯でもあるので、色々な女の子に出会いやすいというメリットもあります。どちらを取るかはあなた次第。出勤予定がわかるお店なら、チェックしてから行くのも良いでしょう。

価格相場(セット料金)


1セット4
0分4,000円~10,000円

※この4000円は初回限定フリー(指名なし)で割引適用の価格であることがほとんどです。

ホームページや看板に表示されているのはシート料金(セット料金)で、別途ドリンク代や女の子の指名料がかかることもあります。自分が飲み放題のお店でも、女の子にお酒をおごるとそれは別料金になります。

営業時間帯により価格が段階的に上がっていくのが一般的です。
例えば、開店してすぐの夕方17時~19時までは一番安い料金。
混雑してくる19時~22時くらいがプラス1,000円。
22時~閉店時間までがプラス2,000円。
…というような感じです。

時間帯に限らず、予算1万円あれば1セット遊べるでしょう。ただしこれはフリー入場(女の子を指名せずにお任せで入場)の場合です。指名料や女の子ドリンク代は含まれないので、色々試してみたい方はもう少し懐に余裕をもっていくと安心です。

その他の料金について

延長料金
頼んだセット時間が終わった後は延長になります。店員が延長の有無を聞きに来てくれるお店(延長確認あり)と、黙っていると自動延長になるお店があります。不安な時は「延長確認しに来てください」とお願いしておきましょう。

延長料金は1セット料金の半分程度です。
(例)1セット40分6,000円のお店→延長20分3,000円
場合によっては1セット料金の半分以上かかることもあるので、それなら最初からロングタイムで入るか、本指名で1セットを堪能したほうがお得という考え方もあります。ともかく「延長するとやたらお金かかる」と覚えておきましょう。

指名料(目安2,000円)

女の子を指定しないのは「フリー」、指定すると「指名料」が発生します。指名料はどこのお店でもだいたい2,000円くらいです。

指名をしたからといってずっと一緒にいてくれるわけではなく、同じ時間に別席で指名が入っていたら女の子はそちらにも行きます。セット時間内で順番で回ってくる感じです。

※受付時に指名するのは「本指名・場外指名」といい、フリーで入って遊んでいるうちに気に入った子がいたのでその子を延長するのは「場内指名」といいます。

※フリーの子に「ここにいていい?」と言われたらそれは「ご指名いただけますか?」という意味(指名料が発生)です。「いいよ」で指名料発生!断る際は「他の女の子とも話してみたいからゴメンね」と優しくお断りしましょう。

指名について詳しく解説している記事もあります。
何が違う?セクキャバでの「本指名」「場内指名」の方法をチェック!

何が違う?セクキャバでの「本指名」「場内指名」の方法をチェック!

ドリンク料(目安1,000円)


セクキャバは多くのお店で飲み放題サービスをしています。ビール、焼酎、ウイスキー、ソフトドリンクあたりが飲み放題なので、おっぱいだけでなくお酒もガッツリ飲みたい人にはぴったりですね。

しかし、女の子にお酒をおごるとそれは「女の子ドリンク料」がかかります。たいていはカクテルやサワーなど1杯1,000円くらいから。高級なシャンパンを用意しているお店もあるかもしれませんが、基本はこの1杯1,000円くらいのお酒をごちそうしてあげます。

このドリンク料金はそのまま女の子のお給料になることが多く、いわばチップ代わりになるので、とても喜んでもらえます。お酒が好きそうな子だったらごちそうしてあげるとサービスが良くなるかも…。ただし、本当にアルコールが飲めない子もいるので強要は禁止です。

余談ですがテキーラのショットをごちそうすると一瞬で消えて2杯目をおごることになるので、覚悟の上で注文しましょう。グイグイ!ヨシ!

消費税・サービス料(税サ・SC/TAX)

「税・サ」や「SC/TAX」と表記されているのがこれです。
「消費税、サービス料」「サービスチャージ/税金」の意味で、別途料金がかかります。
基本は10~30%のサービス料です。「税サ20%」ならすべて込みで20%。「税10%、サ20%」なら合計30%。ややこしくなってきたら「総額でいくらですか?」と聞いちゃう手もあります。呼び込みに「5000円ぽっきり!」と言われたら「総額(税サ込)ですか?」と勇気を出して確認しましょう。

※余談ですがお店の前で「いらっしゃい!」とやってる呼び込みはセーフ。店の敷地から離れて道端とかで「おっぱいどうです?」とやってるのは悪質なキャッチです。騙されてはいけません。歌舞伎町では「キャッチに引っかかるのは田舎者」というレッテルを貼られます。詳しくはこちら↓
【危険!】客引き・キャッチのぼったくり店の見抜き方&被害にあった時の対応方法

【危険!】客引き・キャッチのぼったくり店の見抜き方&被害にあった時の対応方法

支払方法について
現金払いが安心です!クレジットカードだと手数料として5~10%加算されることもあります。

遊ぶときの流れ

楽しむ前の注意点(エチケット)

女の子とキスやおっぱいお触りなどイチャイチャを楽しむお店だからこそ、気を付けておきたいマナーがあります。それは口臭・体臭対策!

密着していちゃいちゃする相手が臭かったらテンション低くなりますよね。女の子の良質なサービスを得るためには、ニオイ対策は十分すぎるほどしていったほうが良いです。これは「金払ってるんだから」うんぬんの問題ではなく人としてのマナーです。

風俗嬢が好きな客のタイプは、イケメンでもなく金持ちかどうかでもなく「清潔感がある人」だという伝説があります。歯磨き・口臭ケアタブレット・うがい薬などでケアして挑みましょう。仕事帰りや飲み会後でどうしても服の臭いがとれない…という場合は先手を打って「お酒臭くてごめんね」と謝っておくのが大人のふるまいです。「(え、ちゃんと言ってくれるの嬉しい…)」となるかも。

1.いざ入店!わからないことは先に聞こう!

お店に入ると男性スタッフ(ボーイ)さんが出迎えてくれます。初めてなら遊び方や料金を簡単に説明されると思いますが、特に説明がなさそうな時はこちらから聞いてしまいましょう。本指名をしたい時はこのタイミングで伝えます。延長のタイミングでボーイさんが教えにきてくれるかどうかも聞いておいたほうが無難です。

ほとんどの店が前金制(前払い制)なので、セット料金をここで支払います。前払いだととても安心ですね!
もし遊んでいて延長したり、女の子ドリンクを入れたり、場内指名するなどして追加料金がかかった場合は帰りに清算します。

2.案内されて、女の子とご対面♪

 

ボックス席のようになっていたり、ついたてで仕切った座敷風になっていたりとお店によって様々ですが、とにかくシートへ案内されます。営業形態の決まりがあるので、ドアや壁で仕切られた完全個室ではありません。誰かに見られないか不安かもしれませんが、まあ照明が暗いのでその辺は大丈夫です。みんなお仲間です。
女の子が来たら挨拶をしていちゃいちゃスタート!

最初から最後までずっといちゃいちゃできるお店なのか、ダウンタイムだけハッスルできるお店なのかは、最初に説明があると思いますが…。聞きそびれてしまった場合は、女の子に聞いてしまうのも手です。
※親切な女の子なら「この店初めてなんだ」と言えば教えてくれますし、自分から膝に乗ったり触ってきたりします。

※注意すべきポイント※

女の子は2~3人入れ替わると思いますが…
その時1~2人目で「もっとここにいていい?」と聞かれてOKすると「場内指名料」
「私も何か飲んでいい?」でOKすると「女の子ドリンク料」
最後の子に「楽しいね延長する?」と言われてOKすれば「延長料金」がかかります。
予算オーバーしたくない場合は、鉄の意志でやんわりお断りしましょう。
※気に入った子には積極的にドリンクをごちそうしてあげると喜ばれます。

セクキャバ失敗談
お触り禁止なところに触ろうとして叱られる(ボーイを呼ばれる)
お酒を飲みすぎて悪酔いしてしまう
緊張して何もできなかった(してもらえなかった)
会話が盛り上がりすぎておっぱいに触れなかった

このような失敗体験もチラホラあるので、積極的になりつつもマナーと酒量を守り、楽しく遊べると良いですね。

3.延長どうする?

良心的なお店なら、セット時間の終了前にボーイさんが「延長どうしますか?」というふうに確認に来てくれます。延長したければして、帰りたければ「今日はこれで」と正直に切り上げられます。

ただし気を付けなければいけないのは、延長の確認をしに来ないお店です!気分よく遊んでるお客様の邪魔をしないように…という配慮かもしれませんが、これだとどこまで延長したのかわからず不安ですよね。入店時に確認しそびれた場合は、女の子にきくか、自分で時間を把握しておきましょう。

4.気持ち良く退店!

楽しい時間も過ぎ、満足したら帰りましょう。お店によっては女の子が出口までお見送りしてくれます地味に嬉しいサービス。余韻にひたりながら飲み屋へハシゴするもよし、暴発寸前のアレを鎮めるために風俗へ行くもよし、帰ってから抜くもよし。それぞれの楽しみ方があります。

さっそくお店を探す

おっパブへ行こう!紳士的に遊ぼう!

セクキャバ(おっパブ)は風俗初心者でも気軽に楽しめて、おひとり様でも団体様でも遊びに行ける大人のパラダイス!抜かなくていいぶん気が楽だし、飲み放題もあるし、ハード風俗と違って性病の心配もない…。前払いだからキャバクラみたいにぼったくられる心配も(優良店なら)ない!

お店のルールを守って紳士的に遊んで、心のおっぱい欲を癒しましょう!

あとはどこのお店に行くのかということですが、セクキャバ探しなら当サイト『ぱふぱふなび』にお任せください!各地のセクキャバ情報を随時更新しています。行きたいエリアやお店を探して、ぜひ遊びに行ってみてくださいね。お得な割引情報も出ているかもです!

いろいろな情報が出てきて困惑した方へ…セクキャバ用語解説の記事もあります!合わせてご覧いただきレベルアップ!

セクキャバ行くなら覚えておきたい!!「セクキャバ用語」

セクキャバ行くなら覚えておきたい!!「セクキャバ用語」

 

The following two tabs change content below.

ZAWA

最近「背後からおっぱいを揉む」という快感に目覚めてしまったライター。猫好き。おっぱい星への片道切符を握りしめている。ブラック会社からの脱出に成功した経験を持つ。