セクキャバ(おっパブ)の女の子を店外デートに誘うコツを紹介!

セクキャバやおっパブに通っていい子を見つけたら、店外デートをしたいと誰でも思うはずです。ではセクキャバ嬢やおっパブ嬢を、上手に店外デートに誘い出す方法はあるのでしょうか。また、店外デートにOKしてもらえるモテるお客になるには、どんな点に気をつければいいのでしょうか。お気に入りの女の子を、店外デートに誘って成功するとっておきのコツを伝授します!

面倒な客と思われないこと

店外デートに誘うなら、まずその子の指名客になっておくことが必要です。それまでに何度も通っていて、女の子にとっても大切なお客様と思われる存在になっていなければ、店外デートなどしてくれません。

店外デートに誘うには、指名客であることのほかに、「面倒くさい客でない」ことが重要です。

お客の中には、「自分は面倒な客ではない」と勝手に思っている人がいますが、それは女の子が決めることです。これまでに、その女の子に「好きだ」とか「付き合ってほしい」と告白していれば、面倒な客と思われているとみて間違いありません。
もちろん、過去に一度店外デートに誘って断られているならなおさらです。

また、頻繁にしつこく連絡したり、アフター狙いで閉店間際に店に行ったり、閉店後女の子が出てくる通用口の付近に立っていたりした「前科」があるなら、完全に面倒な客と思われています。
もしあなたがこの中のどれかに該当する行為をしていたら、その子はあきらめて別の子を誘ったほうがいいです。
もし、どうしてもその子をあきらめられないなら、面倒な客と思われる行為を一切しないで1年以上指名客として通い続けて「信用」を取り戻してから誘ってみるしかなさそうです。

デートプランを明確にして誘う

ただ単に「外で会おうよ」とか「食事しようよ」と誘っても、下心があると思われてしまうのがオチです。
これではいい返事はもらえません。それよりも、女の子の趣味や好きなものを聞き出して、彼女が喜びそうなデートプランを考えましょう。

たとえば、彼女がある歌手の大ファンなら、そのコンサートチケットを入手して誘うとか、「新潟の〇〇というお酒が大好き」というなら、そのお酒が飲める店を探して飲みに行こうと誘うと、OKをもらえる確率がグンとアップします。

ちなみに、その女の子が某テーマパークが好きだとしても「一緒に行こう」と誘っても成功する確率は低いです。まず、某テーマパークが好きであればあるほど、「何でアンタと行かなきゃならないの?」となるし、お客に1日中拘束されるようなデートは嫌がられます。

上に挙げたコンサートチケットの例では、断ったら大好きな歌手の歌が聴けないし、新潟の酒も飲めなくなります。それに比べて、某テーマパークはいつでも行けます。だから簡単に断られやすいのです。

ポイントは女の子に「この誘いを断ったらもったいない」と思わせることです。
そのためには頭をひねって、彼女が飛びつきそうなデートプランを考えることが重要なのです。

食事なら高級な店

「私は高級レストランなんか興味ない。居酒屋でもかまわない」女の子が、たとえ口ではこう言ったとしても真に受ける必要はありません。男性でも女性でも、高級店に行ける機会があるなら行きたいと思うのが心情。内心「ラッキー!」と思うはずです。

目指す女の子を店外デートに誘いたかったら、彼女もよく知っている高級店の名前を出して、「この店で食事しよう」と誘うと成功する確率が高くなります。全然タイプじゃないお客でも、高級店に連れて行ってくれるなら、「食事くらいならいいかな」という気持ちになります。
しかし、この場合はあなたのことはどうでもよくて、高級店が目当てである可能性もあるということを念頭に置きましょう。

上に挙げたコンサートチケットも新潟のお酒も、その点では同じです。でも、これでOKがもらえるなら、あなたは念願の店外デートの夢が叶えられるのです。

セクキャバ嬢・おっパブ嬢を店外デートに誘うなら、面倒な客と思われないことが大切です。また、誘うならデートプランを明確にすると成功する確率が上がります。女の子の趣味や好きなものを聞き出して、喜んでもらえるデートプランを作りましょう。食事に誘うなら、高級店を選べばたとえ女の子があなたのことを好きでなくても、OKをもらえる可能性が高くなります。

「ぱふなび」ではセクキャバ、おっパブのお店情報が満載です。
デートに誘う前にまずは好みの女の子を見つけるところからはじめましょう。

The following two tabs change content below.
アルフ

アルフ

仕事をそつなくこなすクール系と見せかけて、風俗記事(特にセクキャバ)のライティング時は仕事にかける情熱がハンパなくなるおっぱいファイター。最近はハリネズミに癒されています。と外では言うようにしています。