【漢よ、おっぱいを重んぜよ】おっパブ嬢に嫌われるおっぱいの接し方解説

おっパブの魅力はなんといっても、おっぱいを触ったり舐めたりできるということ。しかしお金を払っているからといって野暮に接するのはご法度です。紳士たる振る舞いをしましょう。おっパブ嬢に嫌がられるような扱い方はせずに、おっパブ嬢に好感を得られるテクを心掛けましょう。「嫌われやすいおっぱいの扱い方」について紹介していきます。

おっパブ嬢に嫌われる舐め方1:歯を立てる

「少し痛くしたほうが女性は感じやすい」と考えているS気質の男性はいると思いますが、おっぱいを舐めるときに歯を立てるのはNGです。
男性もアソコを口で舐めてもらうときに歯を立てて噛まれるのはイヤですよね。それと同じように、歯を立てておっぱいを強く噛まれるのを女性は嫌がります。
おっぱいはとてもデリケートな部位なので、歯を立てずに優しく舐めましょう。

おっパブ嬢に嫌われる舐め方2:強く吸う

おっぱいを口に含み、吸うように舐めるのはOKですが、強い力で吸うのはNGです。おっパブ嬢は何人もの男性の相手をしているので、毎回乳首を強く吸われていたら痛くてたまりません。

おっパブで興奮し、思わず強く吸ってしまうこともあるかもしれませんが、強く吸いついておっパブ嬢が感じることはありません。おっぱいを強く吸うのは避けて、ソフトに軽く吸いつくよう心掛けましょう。

おっパブ嬢に嫌われる舐め方3:乳首を重点的に責める

おっパブ初心者はついつい乳首だけを重点的に攻めがちです。しかし、乳首はいじられすぎると痛みを感じやすくなるデリケートな部位なので、責めすぎてはいけません。

おっパブ嬢を感じさせるのなら乳首だけを責めるのではなくおっぱい全体をじっくりと舐めていくのが効果的です。横乳、下乳の部分をじわじわと軽い力で舐め、おっパブ嬢を悶絶させてみましょう。

おっパブ嬢に嫌われる舐め方4:キツく揉みながら舐める

おっパブに行ったら、やっぱりおっぱいを心ゆくまで揉みたいものです。
中には、AVで見たままにおっぱいを力いっぱい揉みしだきながら舐める男性もいるかもしれません。しかし、おっぱいをギュッとつかまれても、おっパブ嬢は痛いしつらいだけです。

AVで見た激しいプレイは一旦忘れて、おっパブでは優しく接するのが正しいマナーです。触れるか触れないかといったフェザータッチで撫でながら舌先で愛撫を加えていくと、おっパブ嬢をうまく興奮させられますよ。

おっパブでは、女の子にイヤがられるような激しいプレイを避け、おっぱいを優しく扱うのが基本です。

おっパブ嬢を感じさせるような優しいプレイを心がけて好印象を与えれば、思わぬサービスをしてくれることもあるかもしれません。おっパブで楽しく気持ちよく遊ぶためにも、おっパブ嬢に喜ばれるおっぱいの舐め方を意識してみてくださいね。

The following two tabs change content below.
アルフ

アルフ

仕事をそつなくこなすクール系と見せかけて、風俗記事(特にセクキャバ)のライティング時は仕事にかける情熱がハンパなくなるおっぱいファイター。最近はハリネズミに癒されています。と外では言うようにしています。