おっぱいだけでイカせるテクニック!スペンス乳腺の責め方も紹介!

せっかくおっパブに行くのなら、おっパブ嬢をイカせるような愛撫テクニックをマスターしておきたいものです。しかし、おっぱいはどのように責めるのが喜ばれるのでしょうか?今回は、女性をおっぱいだけでイカせるポイントを紹介します。

「おっパブ嬢をイカせたい!」と密かな野望を抱いている男性もいることでしょう。しかし、おっパブでは下半身へのお触りはできないことも多いため、おっパブ嬢をイカせるのならばおっぱいへの愛撫テクニックを極める必要があります。

おっぱいへの愛撫で女性をイカせられれば、おっパブ嬢から一目置かれる存在になれるはずです。そこで今回は、おっぱいだけで女性をイカせるテクニックを紹介します。

おっぱいは優しく愛撫するのが鉄則!

おっぱいだけで女性をイカせようとして、おっぱいを強く揉んだり乳首をつねったりするのは全く逆効果なのでやらないように注意しましょう。
いきなり強い力で責められてもおっパブ嬢は痛いだけです。

おっぱいを責めるときには、指が触れるか触れないかの撫で具合で焦らしながらねっとりと愛撫するのがコツです。こうすることでおっぱいに神経が集中し、おっパブ嬢はゾワゾワとした気持ちの良い感覚を味わいます。
緩急のつもりで急に強く揉んでも何も気持ち良くないので、穏やかに焦らしながら愛撫していくのが女性をイカせるためのポイントです。

指と舌をうまく使っておっぱいを責める

おっパブ嬢とのイチャイチャを楽しむときには、指と舌を交互に使うのがおすすめです。

指でおっぱいを責めるときには、軽くつまんだりはじいたりしてみましょう。
あえて乳首を触らずに乳首の周りをゆっくりと円を描くように触るのも効果的です。このときも指が肌に触れるか触れないか具合のタッチを心掛けます。

おっパブ嬢が感じてきたと思ったら、乳首をチロチロと舐めたりおっぱい全体を口に含んだりとドンドン責めまていきましょう。次第におっパブ嬢の感度は高まっていくのがわかりやすいです。

おっぱいを完全に露出せず、羞恥心をあおる

おっパブ嬢のおっぱいを責めるときには、ブラや衣装をずらしておっぱいを少しだけ出し、羞恥心を煽ってみましょう。
衣服を完全に脱ぎ去った状態よりもおっぱいがチラリと見えるぐらいのほうが興奮度は高まりやすいものです。この状態で乳首をじっくりと責めたり、服の上からおっぱいを揉んだりすれば、おっパブ嬢をイカせやすくなります。

おっぱいにもGスポットがあるって本当?

「おっぱいにもGスポットがある」といわれているのを知っていますか?

実はおっぱいにはスペンス乳腺と呼ばれるGスポットが存在しているといいます。
スペンス乳腺は乳首の周辺ではなくおっぱいの側面、いわゆる横乳のラインにあります。

これを踏まえて側面の部分を揉んだり舐めたりしてみましょう。
この部位は元々くすぐったさを感じやすい場所なので、優しく責めれば女性は体をよじったり声を出したりして反応するはずです。
せかせか急いで責めるのではなく、じっくりと時間をかけてスペンス乳腺を刺激していきましょう。

おっパブ嬢から「イッちゃった、上手なんだね」と言わせたらこちらの勝ちです。
おっぱいでイカせる技をマスターすれば、きっとおっパブ嬢もあなたにメロメロ。
プライベートでこそ発揮されるテクニックなだけにおっパブ嬢でたっぷり練習していきましょう。

The following two tabs change content below.
アルフ

アルフ

仕事をそつなくこなすクール系と見せかけて、風俗記事(特にセクキャバ)のライティング時は仕事にかける情熱がハンパなくなるおっぱいファイター。最近はハリネズミに癒されています。と外では言うようにしています。