セクキャバ遊びの流れをご紹介!知っていれば怖くない!

キャバクラ以上風俗未満、みんな大好きおっパブ(セクキャバ)で遊ぶときの流れをご紹介いたします!初めてでも知っていれば入りやすい♪どんどん遊んで楽しい時間をお過ごしください(^ω^)

セクシーキャバクラ=おっパブ

さわれるキャバクラ…抜きはなし!

基本のキですが「セクキャバ」とは「セクシーキャバクラ」の略で、上半身にお触りOKなキャバクラみたいなものです。「おっパブ」の名称の方が馴染みがあるかもしれません。セクキャバもおっパブも中身は同じです。

キャバクラはお酒と会話を楽しむところなのでお触りはNGですが、セクキャバならタッチOK♪ただし風俗店ではないので、抜きのサービスはありません。女の子の下半身に触るのもダメなところが多いです。もちろん女の子が全裸になることもありません

「女の子とおしゃべりして、酒も飲めて、お触りを楽しみたい」そんなソフトな遊び方ができる飲み屋です。
※服の上からしか触れなかったり、本当にソフトなお触りしかできないお店は「いちゃキャバ」と呼んで区別されることがあります。

セクキャバで遊ぶとムラムラするからそのまま風俗店へ抜きに行く人もいれば、癒されて帰るだけの人もいて満足度は人それぞれ。「いちゃいちゃしたのに抜けずに帰れるか!(# ゚Д゚)」という人は最初からピンサロなりヘルスなりへ行った方が無難です。

女の子が何人か入れ替わる

セクキャバは時間制になっていて、多いのは1セット40分。この40分の間に女の子が2~3人入れ替わって接客してくれます。そうなると1人10分ちょい程度なので、せかせかしてるように感じるかもしれませんが、おしゃべりが苦手な人にはちょうど良い時間数かもしれません。
また、こうした入れ替わりは特になく最初から大人数でワイワイするお店もありシステムは様々です。

「ダウンタイム」ってなんだ?


↑こんな感じで照明が暗くなり、BGMも音量上げてドッカンドッカン盛り上がるのが「ダウンタイム」や「ショータイム」✨

セクキャバには「ダウンタイム」(DT)という、お客様が女の子に触ってOKな時間を設けているお店があります。例えば20分に1回ダウンタイムが来て照明が暗くなり、BGMが大きくなる!そのすきにいちゃいちゃOK!それまでの隙間時間はまったりお話ししたりお酒を飲んだりする時間…。というお店もあれば「オールダウン」といって「いつ触ってもいいよ!」という感じのお店もあります。

このあたりの仕組みはお店それぞれで、ダウンタイムと呼ばないところもあるので、あらかじめ下調べしておいた方が良いでしょう。お店の人も教えてくれます。※新人の女の子などは、意外とこの仕組みを理解していないこともあるようです。お店の人に確認した方が間違いありません。

料金はどのくらい?

1セット40分/6,000円 が目安

気になる料金は、1セット何分でいくら…というように時間制になっています。
都内なら1セット(40分)6,000円~が目安!ちょっと高いお店だと7,000円~1万円くらいするところもあります。さすがに1万円は稀なので「とりあえず1セットのみで延長なしなら1万円持ってれば安心」です。ぱふナビの割引情報(ぱふ割)でちょっと安くなっているお店もあるので、お見逃しなく( ˘ω˘ )

ドリンク代

男性は飲み放題のことが多く、特に記載がなければセット料金に飲み代も含まれています。特殊なお酒や、女の子の飲み物は別途料金が発生することもあるので要確認。女の子がやたら飲み物をねだってきたらドリンク代が発生する可能性があります。
※女の子も飲み放題にしているお店もあります。

時間帯や延長料金

セットいくらという値段設定は、時間帯で変わることもあります。例えば昼間からやっているお店だと、わりと暇そうな時間帯(昼)はちょっと安めで、盛り上がりそうな時間帯(夜)はちょっと高め…などです。

時間帯は仕方ないとして、気を付けたいのが延長料金
1セット40分6,000円なのに、延長20分で5,000円くらいとられるお店もあります!半分の時間なのに半分以上の料金!これはもったいない…。なので、ゆっくり遊びたいなら最初からロングコースで入ることをおすすめします。それが心を鬼にして1セットのみで出るしか…。初めての店は予測が難しいので、自分ルールを決めておくと良いでしょう。

指名料(本指名・場内指名)

指名料には「本指名料」や「場内指名料」などがあります。特に区別せずにただ「指名料」としている店もあるので、そのあたりはあらかじめ料金システムを確認したり、入店時にボーイさんに聞いた方が無難です。特に指名がないときは「フリー」で入るということになります。こっちの方が指名料もかからず安いので、常連さんでもフリーで入る人もいるとか。

本指名…来店時からお目当ての女の子が決まっている場合はこれ!入るときに「●●ちゃん指名で」という感じです。必ずその子と遊べるので、「せっかく行ったけどハズレしか来なかった」という切ない事故を回避できます。

場内指名…フリー(指名なし)で入ったけど、接客してもらったらイイ感じだったので「この◯◯ちゃんのままいく」「さっきの◯◯ちゃんをまた呼んで」というパターン。
【注意】女の子から「このままここにいてもいいですか?」と聞かれて「いいよ」と答えると場内指名になったりするので、指名料がかかりそうだな~別にこの子じゃなくてもいいな~という時は正直に「他の子も見てみたいから今日はごめんね」とか言ってかわしましょう。

遊ぶときの流れ

いざ入店!わからないことは先に聞こう!

お店に入ると男性スタッフ(ボーイ)さんが出迎えてくれます。初めてなら遊び方や料金を簡単に説明されると思いますが、特に説明がなさそうな時はこちらから聞いてしまいましょう。本指名をしたい時はこのタイミングで伝えます。延長のタイミングでボーイさんが教えにきてくれるかどうかも聞いておいたほうが無難です。

案内されて、女の子とご対面♪

 

ボックス席のようになっていたり、ついたてで仕切った座敷風になっていたりとお店によって様々ですが、とにかくシートへ案内されます。営業形態のしばりがあるので、ドアや壁で仕切られた完全個室ではありません。誰かに見られないか不安かもしれませんが、まあ照明が暗いのでその辺は大丈夫です。みんなお仲間です。
女の子が来たら挨拶をしていちゃいちゃスタート!

延長どうする?

良心的なお店なら、セット時間の終了前にボーイさんが「延長どうしますか?」というふうに確認に来てくれます。延長したければして、帰りたければ「今日はこれで」と正直に切り上げられます。
ただし気を付けなければいけないのは、延長の確認をしに来ないお店もあります!気分よく遊んでるお客様の邪魔をしないように…という配慮かもしれませんが、これだとどこまで延長したのかわからず不安ですよね。入店時に確認しそびれた場合は、女の子にきくか、自分で時間を把握しておきましょう。

気持ち良く退店!

楽しい時間も過ぎ、満足したら帰りましょう。お店によっては女の子が出口までお見送りしてくれます(*´▽`*)地味に嬉しいサービス。余韻にひたりながら飲み屋へハシゴするもよし、暴発寸前のアレを鎮めるために風俗へ行くもよし、帰ってから抜くもよし。それぞれの楽しみ方があります。

お店探しはぱふナビで!

運よく当たりのお店なら嬉しいし、ちょっと外してしまった時はまた別のお店で再挑戦!「ぱふぱふナビ」なら関東関西の色んなセクキャバを掲載しているので、ぜひ自分好みのお店を探して遊びに行ってみてください。それでは良きおっぱいライフを!

 

The following two tabs change content below.
ぱふナビ編集部

ぱふナビ編集部

ぱふぱふナビ編集部:セクキャバ、おっパブ、2ショットキャバ、いちゃキャバ、ランパブetc…おっぱいとお酒をたしなむお店の情報を随時公開中!