風俗vsおっパブ『あなたはどっち!?』おっパブの方が楽しめる人の特徴5つ

「抜き」を含めた様々なプレイができる風俗と、性病の心配がないソフトサービスでおっぱいが売りのおっパブ(セクキャバ)。「夜遊びするなら今夜はどちらを選ぶべき?」と悩んでしまう男性も多いと思います。 夜のお店で充実した時間を過ごすためにも、自分が風俗向きなのかおっパブ向きなのかをチェックしてみましょう!今回は、風俗よりもおっパブのほうが楽しめる男性の特徴について紹介していきます!

おっパブ向きの男性の特徴1:とにかくおっぱいが大好き

おっパブの良さはなんといっても、好きなだけおっぱいを楽しめるということです。行為そのものよりも、女の子のおっぱいを触ったり舐めたりするのが好きという男性にとって、おっパブは天国のような場所です。

さらにデリヘルのような風俗と違い、お酒を一緒に楽しめるのも良いところ。おっぱいを触りながらお酒を飲めば、至福のひとときが過ごせます。おっパブで思う存分おっぱいを触り、ちょっとエッチないちゃいちゃを楽しみましょう。
注意※泥酔していると入店を断られることがあります。夜のお店でもマナーは大事。楽しいホロ酔いで行きましょう。

特徴2:夜の店に慣れていない

「風俗に行くのには勇気がいる…」という男性でも、おっパブなら軽い気持ちで利用できます!特に最近の若い人たちは風俗店に入ったりデリヘルを呼ぶのに抵抗がある人も多いのでは…?でも、キャバクラやガールズバーくらいなら入ったことがあるはずです。(なくても、風俗店に比べると入りやすく感じませんか?)
その「きれいなオネーチャンがいる飲み屋に入る」ノリで突撃できるのがセクキャバの良いところ!

万が一ウッカリ名刺や何かを持ち帰り彼女や奥様にバレたとしても「キャバクラに連れていかれた」と言い訳できます。「これおっパブでしょ!」と詰められたら「そうなの!?おっぱい見れなかったんだけど…お酒飲んで話しただけだった…」とあくまで「地雷嬢に塩対応されたかわいそうな客」のていでいきましょう。ピンサロやファッションヘルスやソープランドだとそんな言い訳は一切ききませんが、セクキャバならギリギリいけます。パンツ脱がないし。(※この言い訳をする際は自己責任でお願いします)

そして、夜の店に慣れていない内気なタイプの男性は、おっパブ嬢から好かれやすいものです。おっパブに慣れていないのなら「初めてです」「慣れてなくて」と正直に伝えるのがおすすめです。おっパブ嬢が、おっパブでの楽しみ方を手取り足取り教えてくれますよ!受け身の幸せを感じましょう。

特徴3:何人もの女の子と遊びたい

風俗は、基本的に1人の女性とプレイをすることになります。しかしおっパブならば、何人ものおっパブ嬢が入れ替わりで席についてくれるシステムがほとんどです。

おっパブのシステムは、「さまざまなタイプの女の子と遊んでみたい」「いろんなおっぱいを触ってみたい」という男性にぴったりです。何人もの女の子についてもらえるシステムなら、好みにぴったりなおっパブ嬢に出会える確率も高まります。

ちなみに「もうちょっとここにいてもいいですか?」と言われて「うん」と言ってしまうと場内指名が確定となり、次の女の子は来ないので注意しましょう。「初めて来たから他の子とも会ってみたいからごめんね、でも次来るときは指名するかも…名前何だっけ?」とかなんとか濁してかわせば大丈夫。

特徴4:会話や駆け引き重視

「エッチに至るまでのプロセスが一番楽しい」と考えている男性は、意外と多いのではないでしょうか。
風俗では、女性と出会ってすぐに濃厚な行為をすることになります。もちろん行為自体も良いものですが「女性とのエッチな会話や恋愛の駆け引きこそが醍醐味」と感じている男性はおっパブを利用すべきです!

おっパブ嬢を口説き落とし、同伴OKしてもらうもよし。
口説かないまでも優しく接して、丁寧なサービスをしてもらうもよし。

おっパブには「風俗やるのは怖いけど、お金は稼ぎたい」という素人や初心者の女の子が多いので、スレてない子のウブな反応も楽しめたりします。キャバクラみたいにガンガン営業をかけてこないのも安心ポイントです。

特徴5:コスパを重視しがち

おっパブは風俗に比べればかなりリーズナブルなので、コスパ重視の男性に向いています。普段風俗でお金を使っているという人も、一度おっパブを利用してみてはいかがでしょうか。「こんなに可愛い子とこんなにリーズナブルに遊べるなんて!」と驚いてしまうかもしれませんよ!

お店を選べば、ビールやウイスキーが飲み放題のところもあります。キャバクラでめちゃくちゃ高いお酒を飲まされておっぱいも触れないより、飲み放題で好きなだけ飲みつつ、おっぱいやお尻を触れてキスもできる…そんな楽園がおっパブ(セクキャバ)なのです。

おっぱい好きなら行ってみよう!

風俗にもおっパブにもそれぞれ良さがあるものですが、ここに挙げた特徴に当てはまるのならば、風俗よりもおっパブのほうがより楽しめるはず!「自分はおっパブに向いているかも」と感じた男性は、ぜひ一度おっパブへ行ってみてくださいね。お店探しは「ぱふナビ」で!

The following two tabs change content below.
F-Shrimp

F-Shrimp

スーツより小物(靴や時計)にこだわる元ファッション系男子。海外旅行でグルメにハマり常に各地を旅したいと思っている風俗ライター。趣味は美味しい洋食屋とアジア料理屋巡り。